残業代計算から会社への請求・回収まで、残業代請求の経験豊富な弁護士が対応!

運送業・トラック運転手の残業代請求 解決事例

運送業、トラック運転手の方は、長時間労働を強いられている方が極めて多く、残業代が適法に支払われていないことが非常に多い職業といえます。
証拠関係は、運送業、トラック運転手の場合、タコグラフや運転日報といった労働時間に関する客観的な資料が作成されているので、これらを活用して、労働時間を立証していくことになります。

時に過労死が生じる極めて過酷な労働時間であるため、2年分の未払残業代で1000万近い残業代が発生することも珍しくありません。
以下では、これまで扱った運送業・トラック運転手の残業代請求の一部について、解決事例を紹介します。

労働条件の不利益変更を指摘して残業代を請求

事案内容
1運行40時間で、1月当たり10回~12回の運行をこなし、月間総労働時間が360時間を超える過重労働の長距離トラック運転手の代理人として約1,200万円の未払残業代を請求した事案。
争点と内容
事前にデジタルタコグラフの開示を受けたため、労働時間の立証は十分でしたが、会社は給与項目のうち「長距離手当」が残業代であると主張し、これを裏付ける就業規則を示してきたため、毎月の給与の一部として支払われている「長距離手当」が残業代の支払いといえるのかが争点となりました。
こちらは、相手の会社の過去の就業規則の提出を求め、過去の就業規則には「長距離手当」に残業代の性質がなかったにもかかわらず、数年前の就業規則の変更で残業代として支払う趣旨に変えられていたことを示し、基本給の一部を残業代に変更することは労働条件の不利益変更にあたり、無効であるとの主張を行いました。
解決結果
上記の労働条件の不利益変更の主張が認められ、勝訴的和解を取得することができ、その結果、約1,000万の解決金を取得することができました。

投稿日:2018年1月18日 更新日:

Copyright© 大阪残業代請求弁護士相談サイト , 2019 AllRights Reserved.