残業代計算から会社への請求・回収まで、残業代請求の経験豊富な弁護士が対応!

夜間清掃員の残業代請求 解決事例

夜間清掃員とは、営業時間外の外食チェーン店などの各店舗を回って、専門的な清掃を行う職業です。1日に必ず数店舗を回る必要があるため移動時間が多くなり、その分、労働時間が長くなる傾向があり、残業がよく発生する職業といえます。

残業代計算書を作成して、450万円で和解

事案内容
依頼者は個人事業主に雇われている清掃員でした。業務内容は、車を使って深夜の時間帯に複数の店舗を順番に清掃して回る内容で、労働時間が長い上に休みがとても少ないため、依頼者は過労により倒れてしまい、退職と同時に残業代請求を決意されました。
争点と内容
代理人として内容証明を送付したところ、相手方も早々に弁護士をつけて和解交渉をしてきました。相手方の弁護士は、残業代の計算書を作成し、同計算書に基づいた残業代の7割程度を分割により支払うとの和解を提案してきました。
そこで、こちら側も残業代計算書を作成して、相手方の計算内容を精査し、こちらに不利に計算されている部分などを指摘しました。
そのうえで、全額の残業代を支払うように働きかけました。
解決結果
依頼者はとにかく早期の解決こだわられました、そこで、最終的にはこちら側の計算額の8割程度にあたる450万円で和解しました。
また、相手方はこの和解金450万円について5回程度の分割払いを条件にしてきましたので、分割金の支払いを1回でも怠ると、違約金として150万円を和解金とは別に支払う旨の違約条項を加えて和解しました。
違約条項のおかげか、相手方は和解金の分割払いについてしっかりと支払いを行ったようで、依頼者はとても満足されていました。

短期間の間に100万円の未払残業代を回収!

事案内容
依頼者は、清掃員として働いていましたが、毎月3万円の固定残業代が支払われているのみで、いくら残業をしても残業代が変わらないことに不満をお持ちでした。依頼者が働く会社では、タイムカードにより勤怠管理されていたことから、タイムカードの開示を求めるところから交渉を始めることになりました。
争点と内容
当方は、内容証明郵便にて、会社に対して、タイムカードの開示と会社において未払い残業代を計算し直ちに支払うことを要求しました。
すると、会社は自社で計算した未払い残業代約50万円を支払いつつ、タイムカードを素直に開示してきました。
しかし、当方でタイムカードに基づき正確に未払い残業代を計算したところ、追加で50万円の未払い残業代が発覚しました。
会社は、顧問税理士を交渉窓口として、変形労働時間制を採用しているなどと主張してきましたが、当方が強く支払を求めたところ、当方が計算した金額満額が支払われることになりました。
解決結果
タイムカードが開示された後、直ちに当方にて計算した残業代を請求することができたため、わずか1ヵ月という短期間で当方の請求額が満額支払われることになりました。
会社が計算する残業代の金額が必ずしも正確というわけではないという事案です。

投稿日:2019年4月16日 更新日:

Copyright© 大阪残業代請求弁護士相談サイト , 2022 AllRights Reserved.