残業代計算から会社への請求・回収まで、残業代請求の経験豊富な弁護士が対応!

警備員の残業代請求 解決事例

警備員の方は、拘束時間の長い方が多いです。
特に、24時間拘束で丸1日働いた後に、丸1日休み、また丸1日働くという1勤1休制で就労されている方も数多くいます。

警備員方の労働時間の立証は、タイムカードの他に、シフト制が敷かれているためシフト表から推認可能であったり,警備記録に時間が残されていたりするなど、容易に立証できるケースが多いです。

また、拘束時間が非常に長いので、適切に残業代を算定した場合、500万円を超えるケースが数多くあります。

仮眠時間を労働時間として残業代を請求

事案内容
依頼者の業務は、24時間拘束の1勤1休制で、1名で複数エリアを担当し、出動要請があった場合にすぐに対応しなければならない業務内容であったため、その拘束時間全てが労働時間であるとの前提で残業代を算定し、600万円を会社に請求したケース。
争点と内容
会社は、24時間の拘束時間のうち、合間に休憩時間が4時間、仮眠時間が8時間あるので、一日の労働時間は12時間であると主張してきたので、会社が主張する休憩時間及び仮眠時間が労働時間にあたるのかが争点となりました。
こちらは、最高裁判所の判例に即して、休憩時間も仮眠時間もすべて労働時間にあたることを丁寧に反論し、すぐに支払いを行わない場合には訴訟を提起する旨を伝えました。
解決結果
会社側が約550万の和解を提案してきたので、依頼者に確認し、依頼者としても満足できる金額であったため和解することになりました。
会社側に請求書を送付してから僅か1カ月のスピード解決で、依頼者も大変満足しておりました。

休憩時間も労働時間とし、700万円の未払い残業代を獲得!

事案内容
依頼者は大手警備会社の警備員で、警備業務と管制業務を行っておりました。特に、管制業務は過酷で、1勤務14時間以上の長時間労働を週5日もしくは週6日行っていましたが、残業代は一切支払われておりませんでした。仕事が過酷なため、依頼者は退職を決意し、同時に残業代請求を依頼されました。
争点と内容
回答期限を設けて弁護士から会社宛てに残業代を請求したところ、会社の代理人弁護士から請求額の約8割程度での和解提案と未払残業代に関する計算書が開示されました。
そこで、こちらも計算書を作成のうえ、和解の解決金の増額交渉を行いました。、
その際、管制業務が一人勤務であったことなどから、相手方代理人が休憩として計算していた時間などについても全て労働時間として扱うように交渉しました。
解決結果
最終的に、こちらの請求額の9割程にあたる約700万円の金額で和解することができました。十分な金額を獲得出来たことと、約1ヶ月半のスピード解決ができたことで、依頼者もとても喜ばれていました。

投稿日:2018年1月18日 更新日:

Copyright© 大阪残業代請求弁護士相談サイト , 2019 AllRights Reserved.