残業代計算から会社への請求・回収まで、残業代請求の経験豊富な弁護士が対応!
サービス残業の未払い賃金を弁護士から請求して欲しい方はこちら

残業代請求をご検討の方へ

大阪残業代請求弁護士相談サイトをご覧いただきありがとうございます。
残業代請求を行うことが可能なのか請求を行った場合にどのくらいの残業代を請求することができるのか等、色々と疑問が尽きないかと思います。

1日8時間以上、週40時間以上の労働に対して残業代(割増賃金)を支払うことは、労働基準法で定められた会社の義務です。
しかし、「管理職だから残業代の支払義務がない」「基本給に残業代は含まれている」などと言って、不当に残業代の支払いを行わない会社は少なくありません。
あなたが、1日8時間、週40時間以上働いているにもかかわらず、基本給に加算して、残業代が支払われていない場合には、残業代を請求できる可能性が高いです

まずは、弁護士へお気軽にご相談(無料)下さい。ご相談お待ちしています。

当サイトの特徴

  • 残業代請求に強い。無料で相談できる弁護士。
  • 内容証明発送を最短で即日に行います。
  • 秘密は厳守します。
  • 初期費用不要。完全成功報酬制。
  • あなたの代わりに弁護士が会社と交渉します。
  • お仕事終わりの時間帯、土日祝日の相談も可能です。
  • 在職中の請求や労働基準監督署への申し入れなど、様々なパターンに対応できる経験豊富な弁護士が対応します。

弁護士に依頼するメリット

1.複雑な残業代の計算を弁護士が代行

残業代の計算は給料の支払い方法(月給制・歩合給制・年俸制)によって異なります。
あなたの勤務状況をお伺いして、未払残業代を弁護士が正確に算定します!

2.弁護士があなたに代わって会社と交渉

会社からの言い訳・反論についても、豊富な経験に基づき、法令及び判例を引用して、毅然とした態度で弁護士があなたに代わって交渉にあたります。

3.労働審判・訴訟を適切かつ迅速に裁判所に申立

依頼者の意向に従い、適切かつ迅速に労働審判・訴訟の手続きを行います。この場合も、着手金はいただきません!

残業代請求の流れ

内容証明郵便の送付
迅速に内容証明郵便を作成・送付して、残業代の時効を停止させます。また、会社に対して、タイムカード、給与明細、就業規則の開示を要求します。
残業代の計算
速やかに残業代を計算します。
会社がタイムカードなどの証拠を開示しない場合には、法的手続を執ります。
会社との交渉
残業代の計算結果に基づき、会社と交渉し、適切な残業代の回収に努めます。この際、相手方からの言い分・反論に対して、必要に応じて、意見書を作成するなどして、適切な残業代の回収に努めます。
和解 もしくは、労働審判・訴訟
会社との交渉の結果、依頼者が満足できる残業代を獲得できた場合には。事件は終了します。
会社が請求に応じないなどの依頼者が満足できる残業代を獲得できない場合には、交渉を切り上げて、労働審判または訴訟を速やかに提起します。
サービス残業の未払い賃金を弁護士から請求して欲しい方はこちら

弁護士費用

弁護士費用 3つの特徴

  • 相談料は0円
  • 着手金無料
  • 完全成功報酬

ご相談

(1)ご相談は何度でも無料。
(2)電話・メールでのご相談も可能。
(3)お仕事終わりの時間帯、土日祝日の相談も可能です。

会社への残業代請求のご依頼

着手金

無料です。
一切いただきません。

報酬金(いずれか高いほうを選択)

①交渉で解決した場合

回収額の20% or 20万円

②労働審判で解決した場合

回収額の25% or 30万円

③訴訟で解決した場合

回収額の30% or 50万円

但し、回収額以上の報酬金は頂きません。

※複数人で同じ会社に残業代を請求するような場合には請求人数に応じて、割引を行います。

※ご依頼時に契約書を作成しますので、明朗会計です。

実績・解決事例

長距離トラックの運転手で1000万以上の残業代を獲得したケース(ご依頼から解決まで約1年間)

事案内容
1運行40時間で、1月当たり10回~12回の運行をこなし、月間総労働時間が360時間を超える過重労働の長距離トラック運転手の代理人として約1200万円の未払残業代を請求した事案。
解決結果
当方の主張がほぼ全面的に認められ、勝訴的和解を行うことができ、その結果、約1000万の解決金を獲得することができました。

24時間拘束の警備員で約550万円の残業代を獲得したケース(ご依頼から解決まで約1ヵ月)

事案内容
依頼者の業務は、24時間拘束の1勤1休制で、1名で複数エリアを担当し、出動要請があった場合にすぐに対応しなければならない業務内容であったため、その拘束時間全てが労働時間であるとの前提で残業代を算定し、600万円を会社に請求したケース。
解決結果
会社が約550万の和解を提案してきたので、依頼者に確認し、依頼者としても満足できる金額であったため和解することになりました。
会社に請求書を送付してから僅か1カ月のスピード解決で、依頼者も大変満足しておりました。

弁護士相談、ご依頼の流れ

お電話にてお問い合わせ

「残業代請求のホームページを見た」とおっしゃっていただけるとスムーズです。

メールフォームよりお申し込み

メールフォームよりお申し込みいただいたお客様へは、担当弁護士よりご連絡差し上げます。

まずはお電話にて弁護士と相談

お電話にてお伺いする内容

  • 在職状況
  • 平均労働時間
  • その他、お悩み事

残業代請求に強い弁護士と面談相談

  • 初回のご相談は1時間程度です。
  • ご相談は何度でも無料です。
お持ちになられる資料(資料がない場合でも相談可能です。)

  • 給与明細
  • タイムカード
  • 雇用契約書、就業規則
  • その他、労働時間が推認することができる資料

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
上記の資料がなくてもご相談可能ですが、お持ちいただいた方がスムーズにご相談が出来ます。

相談のみで解決

相談のみで解決されるお客様もいらっしゃいます。
相談したからといって必ず依頼しなくてはいけないことはございませんのでお気軽にご相談ください。

相談のみで解決された場合も費用は無料です。

ご依頼

ご依頼いただけるお客様とは、後ほど委任契約書を作成いたします。
費用は完全後払ですので、安心してご依頼ください。

残業代請求に強い弁護士の無料相談のお申込み

メールフォームからのお問い合わせは24時間年中無休にて受け付けております。
メールフォームよりご連絡いただきましたお客様へは2営業日以内に弁護士からご連絡いたします。

お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
就労開始日 年 
在職状況
最終出勤日 年 
※既に退職されている場合は記入してください。
平均労働時間
 1日 時間
1週間 時間
1ヶ月 時間
残業代請求について
お悩みや質問等

投稿日:2017年11月16日 更新日:

弁護士の残業代請求コラム

退職後に残業代請求をするための準備としてやるべきこと

1 はじめに 「在職中は請求しにくいけど、退職した際には残業代を請求しよう」と考えて、日々働いている方は少なくありません。 実際に、当事務所にご依頼いただき残業代請求を行ったお客様の9割以上が会社を退 ...

弁護士に頼まず自分で残業代を請求する方法

はじめに 「タイムカードを押した後に残業するよう指示されている。」「みなし残業と言われ、残業代が支払われない。」などの事情により、未払いの残業代を請求しようとお考えの方は、多くいらっしゃいます。 しか ...

弁護士が教える残業代請求の内容証明の書き方

はじめに 残業代の請求をお考えの皆様は、会社から「うちは残業代でない。」「残業代は基本給に含まれている。」と言われていたり、15分未満の残業は切り捨てられる、サービス残業代が常態化しているなどの事情に ...

私の時給単価っていくら?~残業代計算における基礎賃金の考え方~

はじめに 月給制で働かれており、残業代が支払われないにもかかわらず、長時間の残業をされている方は、「時給換算すると、一体いくらなんだろう?」と疑問に思われたことがあると思います。また、残業代を請求して ...

残業代請求の時効と弁護士が内容証明を送るワケ

はじめに インターネットで「残業代請求」という検索して表示されるサイトをみると、「残業代の請求には時効があるので、早めにすべきだ。」「残業代の請求は内容証明ですべきだ。」という文章を目にされると思いま ...

Copyright© 大阪残業代請求弁護士相談サイト , 2018 AllRights Reserved.